採掘場

提供: Hakoniwapedia
移動: 案内検索
採掘場
Land15.gif
初期規模 5000人
増設規模 5000人
最大規模 200000人
災害判定
火災 なし
地震 なし
台風 なし
津波 なし
怪獣侵入 不可能
設置方法
採掘場整備を実行する。

採掘場(さいくつじょう)とは、に建設する地形の1つであり、職場の1つである。採掘場整備で建設できる。

概要

採掘場で働く10000人の労働者当たり、10億の資金が獲得できる。単位労働者あたりの獲得資金は工場と変わりないが、火災や地震の被害を受けず、怪獣が進入することもないにも関わらず、単位面積当たり200000人規模という大きさから、標準的な箱庭諸島の平和系では安定的な資金源となることが多い。また、ミサイルPPミサイル等の山を破壊しないミサイルでも破壊されない、強固な堅牢性を誇る。一方、重ねて建設しても5000人規模しか増加せず、また1回あたりの建設費用も300億円と高額であり、最大規模まで拡張するのに40ターン・16000億円を要することから建設には困難を伴い、陸地破壊弾で呆気無く崩壊するため、戦争系での運用には難しい側面がある。

各箱庭の特徴

Hakoniwa R.A.における採掘場

採掘場整備により金山が発見されることがある。また、火力発電所の運営に必要。Hakoniwa R.A.には海あみゅなど優良な職場を持つ地形が多数あることから、採掘場が使われる頻度は少ない。

箱庭諸島MIにおける採掘場

一定以上の規模がある場合、3%の確率で白金山金山銀山銅山に変化することがある。採掘場が変化した白金山等は多額の資金を生み出すため、開発初期は、紅葉樹林が生み出した少額の資金のほとんどを採掘場整備に投入するプレイスタイルとなることが多い。

箱庭諸島 GSにおける採掘場

20万人規模の採掘場に鉱山整備を行うことにより、金山銀山銅山に変化させることができる。

究想の箱庭における採掘場

他の箱庭諸島とは異なり、初期規模・増設規模共に10000人規模のため、20ターンで最大規模まで建設できる。また、資金の代わりに鉱石を生産することができる。鉱石は10000人の労働者当たり10トン生産され、鉱石の売価は1トン当たり1億円であることから生産効率は他の箱庭と変わらない。鉱石は兵器の生産に欠かすことが出来ないが、そもそも兵器の使用頻度が高くなく、兵器の直接購入も可能(兵器購入コマンドや資源取引所)なため、この目的で建設されることは少ない。更に、究想の箱庭で用意されている巨大工場は単位面積当たり200000人規模と採掘場と同規模にもかかわらず、最短15ターンで建設を終えることができ、元の工場に戻ってしまうことがあるデメリットも超巨大都市(工場)になれば解消し、耐災害性能も採掘場と同程度まで向上するため、使用頻度は少ない。

関連項目