地震

提供: Hakoniwapedia
移動: 案内検索

地震(じしん)とは、災害の一つである。

概要

ターン毎に、0.5%の確率で発生する。さらに地ならしを行ったターンは、1回につき確率が0.5%上昇する。

発生すると、島の都市工場ハリボテなどがそれぞれ25%の確率で壊滅して荒地になる。

島全域に被害が及ぶため、数ある災害の中でもかなり強力であるといえる。

各箱庭の特徴

箱庭諸島S.Eにおける地震

ニュータウン現代都市の場合は荒地にならず、人口が減少する。

また、次の施設も地震の被害を受ける。

箱庭諸島 GSにおける地震

高速埋め立て高速掘削を行ったターンは、1回につき確率が2%上昇する。

究想の箱庭における地震

震源地が存在し、震源地から4ヘックス以内のみ崩壊判定がある。

被害の対象は、人口が5000人以上の、3000人以上のスラム街工場ハリボテのみ。

複数回投資した工場や都市は、倒壊せず耐えることもある。

一般的に、震源に近いほど被害が大きい。

また、震源地がの場合、崩壊確率が2割増の津波が発生する。

Hakoniwa R.A.における地震

発生確率は、以下の式で表される。

発生確率 = (1+地ならしの回数)×0.5-観測衛星のEN/150 %

4分の1の確率で崩壊する地形

以下の地形は、下に示す確率で破壊され荒地になる。

破壊される確率 = 1÷(4+気象大学の数×5)

3分の1の確率で規模減少する地形

以下の地形は、下に示す確率で被害を受け人口・規模が減少する。

居住系地形の場合、人口が10000~14900人減り、職場の場合規模が100000~149000人減る。人口・規模が0になった場合破壊され荒地となる。

被害を受ける確率 = 1÷(3+気象大学の数×5)

6分の1の確率で規模減少する地形

以下の地形は、下に示す確率で被害を受け規模が減少する。

被害を受けた場合、規模が400~449万頭減少する。0になった場合破壊され荒地となる。

被害を受ける確率 = 1/6 (他の地形と違い気象大学による補正がない)