海底都市

提供: Hakoniwapedia
移動: 案内検索

海底都市(かいていとし)とは、箱庭諸島S.EHakoniwa R.A.究想の箱庭などに出現する施設である。

概要

名前の通り、に建設できる都市

各箱庭の特徴

箱庭諸島S.Eにおける海底都市

Land212.gif

海底都市建設で数量77以外を指定することで海に建てることができる。

建てたときの人口は500人で、10000人まで自然に増加し、最大20000人まで増やすことができる。

海底基地と同じように整地ができず、埋め立て浅瀬にすることができる。

Hakoniwa R.Aにおける海底都市

Land17.gif

に建設可能。人口20000人まで収容できる。

人口20000人の海底都市の周囲2Hexに15箇所以上都市系施設のある場合海底新都市に変化することがある。

究想の箱庭における海底都市

Land212.gif

海底都市建設を実行する事で建設可能。天気が快晴、晴れ、曇りの時しか建設できない。

建設時の人口は3500人で、10000人まで自然に増加し、最大20000人まで増やすことができる。

毎ターン、通常の食糧消費と別に災害判定時に1万人当たり2000トン消費し、維持費が1億かかる。

維持費が足りない場合人口が減り、3500人未満で海になる。

災害は、海底油田で発生するものと火災で、火災は記念碑に隣接していても防げない。

ミサイルが当たった際の崩壊判定も海底油田と同じで、発生する経験値も通常の町と同様、2000人につき経験値1である。なお、難民は発生しない。

関連項目