誘導弾

提供: Hakoniwapedia
移動: 案内検索

誘導弾(ゆうどうだん)とは、究想の箱庭に存在するミサイルの一種である。

概要

誘導弾発射で発射できるミサイル。1ターンに1発しか撃てないが誤差が無く、人口の多い都市や投資回数の多い農場といった地形に通常の倍の被害[1]を与えられる。

平和的用途としては、意図していない巨大都市化の解消が挙げられる。怪獣に対する攻撃は怪獣誘導弾が自動追尾するため、そちらが採用される。

戦争時には誤差が無いとはいえ、1ターンに1発しか撃てないデメリットが大きく、基本的には採用されない。しかし、ミサイル発射可能数が大幅に減っているときには、防衛施設の破壊に役立つ。

注釈

  1. 例えば、農場の場合は通常ミサイルでは1発命中ごとに5000人規模減少するが、誘導弾の場合は10000人規模減少する

関連項目