「地形隆起弾」の版間の差分

提供: Hakoniwapedia
移動: 案内検索
(データ移行)
 
(概要: 地石が発生する確率を明記)
 
行6: 行6:
 
誤差は2ヘックス。通常のミサイルと違い、陸地に当たるとそこが[[山]]になる。また、[[浅瀬]]の場合は[[荒地]]、[[海]]の場合は[[浅瀬]]になる。通常のミサイルでは破壊できない[[海底基地]]などの地形も破壊することができる。[[難民]]は発生しない。
 
誤差は2ヘックス。通常のミサイルと違い、陸地に当たるとそこが[[山]]になる。また、[[浅瀬]]の場合は[[荒地]]、[[海]]の場合は[[浅瀬]]になる。通常のミサイルでは破壊できない[[海底基地]]などの地形も破壊することができる。[[難民]]は発生しない。
  
また、[[Hakoniwa_R.A.]]においては[[地石]]が発生することもある。
+
また、[[Hakoniwa_R.A.]]においては、陸地(山、[[怪獣]]以外)に命中した際に、2.2%の確率で[[地石]]が発生する。
  
 
==関連項目==
 
==関連項目==

2021年1月2日 (土) 00:08時点における最新版

地形隆起弾(ちけいりゅうきだん)とは、箱庭諸島S.EHakoniwa R.A.などに存在するミサイルの一種。

概要

地形隆起弾発射で発射できるミサイル。

誤差は2ヘックス。通常のミサイルと違い、陸地に当たるとそこがになる。また、浅瀬の場合は荒地の場合は浅瀬になる。通常のミサイルでは破壊できない海底基地などの地形も破壊することができる。難民は発生しない。

また、Hakoniwa_R.A.においては、陸地(山、怪獣以外)に命中した際に、2.2%の確率で地石が発生する。

関連項目